HOME > 作成 > 見積書等

見積書等

必要な見積書

設備資金での借り入れの際に添付書面として必ず必要なのが、店舗・内装・外装・機器類などの見積書です。

何に使用する資金を借り入れるのかを明確にするためです。「この機械が必要なので〇〇円貸してください」という根拠が必要なのです。

比較的価格の低い機器などの見積がとれないような場合はカタログなどを代用しますが、内装・外装工事費用は工事業者の見積が必ず必要です。

その他

公庫は「創業計画書」「見積書等」「借入申込書」の提出のみを明記していますが、プラス「損益計算書」「資金繰り表」は最低限の書類になると考えています。

事業内容・事業形態によって資料を増やした方が良い場合もありますが、やはり公庫の担当者が目を通すという事を考慮すると、多すぎる書類も逆効果です。

ご自身で作成されても、可能であれば専門家のアドバイスが受けられると良いですね。

»専門家に相談

出来上がり

ここまでお疲れ様でした 書類が出来上がれば、あとは申請です。

必ず見直しを忘れずに!!

»申請・面談