HOME > 事前準備 > マーケティング

マーケティング

事業がニーズと合っているか。

「こういう事業を始めよう!」と決めたところで、事業が提供するサービスや商品が世の中で必要とされていなければ意味がありません。
そこで事業内容と社会のニーズがマッチしているかの確認が必要になります。
経営理念や事業戦略にもとづき、
  「誰に」「何を」「どのように」提供するか
に沿ったマーケティングを行います。

もちろん大企業のようにマーケティングを行ってから事業戦略を打ち出すことも可能ですが、調査が漠然としてしまうので、ある程度の方向性を決めて結果によって修正を図る。ちうほうが現実的です。

環境を把握する。

社会環境

大きな概念に見えますが、事業のターゲットを絞った切り口で探します。

例えば・・・
「マンツーマン指導の学習塾を経営しよう!」という場合に
誰に 中学受験を控えた小学生に
何を オリジナルカリキュラムの授業を
どのように マンツーマンで提供する。
とした時にこのサービスを必要とするターゲットが市場に存在するのかを事実として浮かび上がらせるために
〇少子化
〇ひと家庭当たりの教育費の上昇
などの社会情勢から、『子供の数は減ったが、一人当たりに掛ける教育費が上昇しているため、潜在顧客の見込みがある』という市場である社会環境に基づく裏付けのデータが必要になってきます。

周辺環境

自社・自店の周辺環境とは「社会環境」より小さい範囲である取引先・顧客・店舗立地・競合他社・競合他店です。

例えば・・・
・主要な販売経路
・見込める利用客の層
・自社と競合他社の技術・価格・納期等の差 など

事実を確認する。

データ

社会環境の中の「高齢化社会」をもとに事業計画を打ち出すのであれば、「現在高齢化社会である」という根拠が必要となります。そこで国勢調査の「人口推移」等のデータを利用します。
また、周辺環境で「見込める利用客」を特定するために、各市町村のデータや、最寄り駅情報、図書館等にある業界別データも利用すると良いでしょう。

調査

店舗経営に関しては実地調査をおすすめします。。店舗周辺の競合店舗の確認として実際に該当店舗に出向き、価格設定・商品ラインナップや顧客層を把握し、自店の戦略に活かします。
また、アンケートを実施し顧客のヒアリングを行うことで説得力のある顧客設定・商品設定ができます。自身でアンケートを行うことが難しい場合は、インターネット上の統計等を確認しましょう。

»損益計算書と資金繰り表