HOME > 事前準備 > 経営理念を明確に

経営理念を明確に

事業概要を決定する

「誰に」「何を」「どのように」提供するか

なぜ自身の事業を実現したいのかを確認してください。
自分の考える事業が社会・消費者に必要とされているかどうかを社会的背景ニーズに対応しているかを再確認し、参入を予定している市場調査や環境分析を行って自身の商品やサービスを提供できるチャンスや、クリアするべきリスクを明確にします。

「強み」「弱み」「機会」「脅威」 SWOT分析

・・・強み(Strengthis)
・・・弱み(Weaknesses)
・・・機会(Opportunities)
・・・脅威(Threats)

客観的事実からこの4項目をあぶりだし、組み合わせて事業の方向性を固めます。
①強みを活かして→機会を得る
②強みを活かして→脅威を乗り切る
③弱みを克服して→機会を得る
④弱みを克服して→脅威を乗り切る
という組み合わせを作ります。

まずはこのような紙を用意して・・・
ここに自社・自店のSWOTを書き入れます。
下記は簡単に飲食店の例をあげています。 矢印は組み合わせです。

①毎日の仕入れにより、飽きのこないメニュー作りでビジネス層のリピーターを獲得する
②経験を活かした高級感ある店舗で他店との差をアピールする。
③健康志向の顧客に、有機野菜や調理法の工夫で高めの価格設定でも納得のいく商品・サービスを提供する。
④不利な立地を利用して、他店とは異なる落ち着いた店舗をアピールする。

このように自社・自店の強みをと弱みを把握し、事業に活かせるポイントを洗い出します。

この表の左半分は自社・自店を分析した内的要素右半分は周囲の環境や顧客を分析した外的要素です。右側部分を完成させるには、現地調査やアンケートなどのマーケティングが有効です。

»マーケティング

意思・志の確認

事業開始の動機

上記の分析を踏まえて、自身が事業を開始しようと決意した動機を確認します。さらに現在や今後の課題解決の見解や目的を明示することは周りの協力者や同意者を得るために必要です。

また事業開始後に、困難にぶつかった時の精神的なバックボーンであったり、経営方針を示す基本的な考え方となります。